旅行

2016年2月27日 (土)

日帰り西伊豆

夫が土曜日に休み取ったので3人で西伊豆へ行ってきました。
ものすごい渋滞だった!

目当てはこれ。土肥金山。
砂金とってます!
たくさん取れたのに瓶を倒すという初歩的なミス^^;

Image_4

その後堂ヶ島の洞窟巡りの遊覧船に行ったのに、風のため運転見合わせだった。ちょうど最後の便が戻ってきてた。あと20分早ければ乗れたのに^^;
でも洞窟の裏側を発見した!
今まで数えきれないくらい来てるのに知らなかった(*^^*)

Image_5

温泉地に行ったのに温泉入らず帰ってきました。
残念!

2014年10月16日 (木)

2度目のキャンプ@北軽井沢スウィートグラス

会社を2連休してまたもやキャンプ@北軽井沢スウィートグラス
9月にも行ったんだけど、今回は寒いの苦手な夫の要望で薪ストーブ付きのコテージ泊。
確かに軽井沢、めっちゃ寒い!



食材などは近くのスーパーTURUYAでゲット。
ここのスーパーは有名らしく、オリジナルの商品もあるという事でキャンプには必要ないジャムとかかっちゃった。
夜はバーベキューのつもりで食材を買ったんだけど、キャンプと言う高揚感も手伝ってかお肉のグラムあたりの単価などをまったく見ないで購入。
食べたときにこの肉おいしい!と感動しパックを見たらグラム600円とか書いてあってびっくりした。
普段の買い物で100g150円以上出すことはほとんどないので・・・

テントの設営などもないのでキャンプ場についてからはずっとのんびり。

子供以上にトランポリンに必死な40代男性。



3分後、5歳にされるがままの40代男性。



今までビビって絶対挑戦しなかったターザンロープで大喜び!



いつの間にかできなかったことができるようになっていて驚きだ。
で、はしゃぎ過ぎて5時に寝た息子。
起きる気配全くなく、晩御飯食べてません^^;昼ごはんも遅かったしまぁいっかとそのまま寝かせることに。
大人二人だけの時間って久々だねーと夫と話したけど、いつもうるさいくらいの息子がいないだけで食卓はこんなに静かだったっけ?

夜はコテージにある薪ストーブに挑戦したんだけど、なかなか薪に火がついてくれず・・・
火はつくんだけどストーブの前の扉を占めると空気はいらずに消える、と言うのを何度も繰り返し2時間くらい夫と二人でストーブ前であれこれ試し、ひょっとしてこれは徹夜作業なのか?と不安に感じ始めたころにやっと安定してくれた!
ストーブがついてからは部屋の中暑すぎてなかなか眠れず・・・・持参していた寝袋なんて熱くて使えないし、冬仕様の部屋着も暑くて着てられなかった。小窓をあけたりしながら眠りました。

翌日チェックアウト後は近くの温泉「トンボの湯」へ。前回も行ったんだけど前回は土曜日だったからかものすごい人手だったのに今回は閑散としていました。
しかも温泉後にはマストのはずの珈琲牛乳の販売もない!
どうやら土日しか売っていないらしい。これはありえない!

温泉のあと、初めて軽井沢のアウトレットによって見ました。
全部1階建てなので敷地が広い!芝生スペースで座ってくつろいでいる人もいてなんだか他のアウトレットに比べるとのんびり出来る感じだった。
そこでさらにコールマンのキャンプ道具を1つ追加購入。

一瞬雨がぱらついたけど何とか持ちこたえてくれて楽しいキャンプでした!
今シーズンはもうキャンプも終わりだなぁ~
来年は義務教育になるので今までのように平日に夫と私の仕事の休みをあわせて出かけることは出来なくなる。
夫は土日休み(2連休)をとることは現時点では不可能だし、出来るだけ保育園の間に家族旅行に行きたいな。

2014年8月23日 (土)

念願の伊豆キャンプ

昨夜息子発熱し、3月から心待ちにしていたキャンプダメだと思って朝7時過ぎても寝てたら、息子に「お母さん!いつまでねてるの?キャンプ行くよー!!」と飛び乗られ「えええ!?」と慌てて準備して伊豆まで来ました。




夜中うなされていた本人はしっかり寝て元気ハツラツですが、看病していた私は寝不足なわけで…

キャンプ場についたのが夕方4時過ぎだったのでご飯食べて寝るだけな感じだけど、持参していたタコを上げ、人生初凧揚げに興奮したりロッジの周りを走り回ったり。
夜になると真っ暗で夜景を見せようと展望スポットに連れて行ったらあまりの暗さにビビってた^_−☆
疲れたのか20時には寝るよー!と言って家族揃って就寝。早いな!
2段ベットがギシギシ言うんで怖かった…けど子供にとってはそこも遊び場。
で、今目が覚めて外に出たら風が気持ちよかった〜

だるま山レストハウスには夫がまだ彼氏だった頃から何度も来て車の中から満点の星を見たりしてたけど、今日は曇り空。
彼氏彼女で来ていた頃は2人とも20代だったのに気づいたら私は明日で40代になる。
時間ってなんて早いんだ。

また次回、いつか来たいなぁ。

2010年9月17日 (金)

雅希、初めての飛行機

義両親は車で九州まで行ったんだけど、私たち家族は飛行機で往路は羽田から長崎まで、復路は福岡から羽田の旅。

飛行機に1歳半の息子を乗せるのは初めてのことです。

どーなることかとドキドキしていたけど、往路は離陸直前から爆睡、復路はスチュワーデスさんにもらった空の紙コップや持参していた絵本でおとなしく遊んでいた息子、ほっと一安心です。

そしてもう早々九州には行かないだろうと思っていた私は食べたいものをリクエストし食べたいだけ食べてきました。

1日目の昼・・・・長崎空港のファミレスでトルコライス。

全然おいしくないsweat01まぁファミレスだからね。

安全パイなカツカレー頼もうとしたら去年夫は食べたらしくて

「全然おいしくないよ」・・・というのでトルコライスにしたんだけど。

トルコライスは長崎名物(?)らしいです。

1日目の夜・・・・天津包子舘という中華料理店。

ここは佐世保の人間なら誰でも知ってる(?)らしいです。

数年前に来たときもここに連れてこられた。

おいしい中華、食べまくり!

義理のお母さんは「餃子の味が落ちたね」って言ってたけど、おいしい~。

2日目の朝・・・ホテルのバイキング。

安いビジネスホテルだったので全然種類なくて困った。

おにぎりだけ、食べました。

2日目の昼・・・まきのうどん。

2日目は福岡に移動し、予定になかった太宰府天満宮へ。

義理のお母さんは太宰府に行ったことがないらしく、もう2度と九州には行かないだろうから寄ってみたい、というのことで。

天満宮行くなら御朱印欲しかったから朱印帳もってきておけばよかった・・・

しっかり梅が枝餅も食べましたnotes

そしてお昼はまきのうどん。

まきのうどんは九州のうどんのチェーン店です。

汚い、けど安くて量が多くて安い。

観光ガイドブックには載ってなさそうな地元のうどん屋さん。

関東に来て甘いうどんを食べる機会がなかったので、念願の20年ぶりのまきのうどんです。

まきのうどんはウィキペディアによるとゆでたあと水で締めないので讃岐うどんとかと違ってこしがなく水分を吸いやすいので食べても食べても減らないうどん・・・らしい。

P1000019

うどんのほかに、かしわご飯も食べたくて注文したんだけど、来なかった。

どの道もう満腹だったので、来なくて良かったけど・・・sweat01

2日目の夜は一藤というできたばかりのもつ鍋やさん。

福岡で食べると安いしおいしい!

通販や関東で食べるのの半額くらいで食べれる。関東ってなんて高いんだdown

行ったお店はホテルの部屋においてあったフリーペーパーに載っていたお店だったけど偶然にも、個室がオープンした日だったらしく、子連れにはぴったりのお店でした。

雅希はずっとじいちゃんばあちゃんの間に座って食べさせてもらっていたので楽チンだった。

3日目の朝には義両親と別れたんだけどホテルのバイキングで雅希にご飯食べさせながら、自分たちも食べるの大変でした。ぐったりしたdash

2010年9月16日 (木)

長崎、福岡へ

長崎、福岡へ行ってきました。

目的は去年亡くなった夫のおばあちゃん(義父のお母さん)のお墓参り。

夫も義両親もお葬式に参列しなかったので、落ち着いたところでお墓参りに行こうということになった。

夫は長崎・佐世保生まれ、佐世保育ち。

10年前まで義母さんは佐世保にいて、義父さんは単身赴任。

義母さんは同居はしてなかったけど近所に住んでいて毎日、おばあちゃんのお世話をしていた。

なのに、義父さんの兄さん夫婦が遺産相続を見込んで長崎に戻り、

「私たちがもう面倒見るから、おばあちゃんのところに来ないで」と義母さんにいい、義母さんは泣いていたらしい。

義母からすれば、おばあちゃんは姑だけど、ずっと一緒にいたので邪険に扱われたことが悲しかったんだろうな・・・・ホントの気持ちは知らないけどつらかったんだろう。

それを知った義父は自分の兄さん夫婦と自分の母親の態度が許せなくて、義母の実家だった栃木に家を建て長崎とはそれっきりになった。

そしておばあちゃんは、義母が長崎から栃木に引っ越した直後に速攻で施設に預けられてしまい、孫である私の夫に何度か電話で「○○ちゃん(義母)に悪いことした。もう一度会いたい」と言っていたらしい。

だけど結局そのまま亡くなって、お葬式にも参列できなかった。(義父が激怒していたので)。

夫は「おふくろ、本当は葬式に行きたいんじゃないかな。叔父さん夫婦には顔合わせたくないだろうし、親父が気持ち察して栃木に家建ててくれた手前、参列したいとは言えないだろうし・・・」と言っていた。

そして海が見える高台にあるお墓に行ってきたんだけど、孫である夫よりも実子である義父よりも、長くお参りしていた義母の目を瞑った姿になんだか涙が出そうになりました。

人との関係は血よりも濃い気がした。

いろいろ苦労のあっただろう長い年月を経て、お義母さんは何を言っていたんだろうな~って思いました。

ちなみにおばあちゃんはキリスト教。

お墓の戒名もキリスト教チックで驚いた。

周りのお墓を見てもすべてキリスト教徒。

さすが長崎だなーって思った。

2008年7月 6日 (日)

札幌旅行記

札幌旅行記です。嵐くんのコンサートのために2度目の札幌です!

前は2005年oneのとき。このときの日記を読むと札幌に遠征に行くことにかなり抵抗を感じている様子の私。今の私からすれば、へ?って感じです。

嵐のコンサートで地方に行かない夏なんて、寂しすぎる。

コンサートだけじゃなくていろんなもの食べたり遊んだりするのも楽しいんだよね~。

初日のランチはスープカレー。私はあまりスープカレー好きじゃない。キライでもないけど、普通のカレーがあればそっちを食べたい派。

だけど、北海道のスープカレー専門店のランキングHPを見つけ、そこでの第5位の店に行きたい!と思った。

なぜ第1位じゃなくて第5位の店に行きたいと思ったかと言うと店の名前が「ピカンティ」だったから!

ピカンティ?ピカンチっぽい!

Photo_3

ってそれだけの理由で行くことにしました。

結構な人気店だとは知っていたのですが2組くらい待って中に入ると、暑い!

店の中が暑いんです!

なんなんだこの暑さ。

カレーの辛さと言うよりも、むしろ店内の暑さのせいで、汗をかきながらカレーを食べた。

カレーのネーミングが1兆3000億の風とかそんなとても口に出したくはないメニュー名で躊躇したけどおいしかったです。また食べたい。出来れば冬に。

Photo_2

店員さんの名札が「相葉」だった。

それを見て「本名かなぁ?」ってつぶやく私に友達が「いや、本名でしょ?」って。

そりゃそーだよね、偽名使ってもねぇ・・・。だけど相葉って言う苗字珍しいからついつい。

今思ったんだけどたまごっちみたいに相葉ちゃんを育てるあいばっちという携帯ゲームが発売されればいいのに。

そしてコンサートを終えた夜はすすきのへ!

私はすすきの、と聞くだけで大興奮です!&ちょっとビビッてました。

だってよく年末年始にやる警察密着24時とかでしょっちゅうすすきのは出てきていて、観光客相手のぼったくりバーとか強引な客引きが多いとか酔っ払いが多い、とかそういう先入観が頭の中に叩き込まれていたので。

でも福岡の中州だってしょっちゅう出てくるし、そう考えるとそんな怖い町でもないのかも?と思ったけどどきどきしてた。

それにさ!実際にテレビ(警察密着24時)で定点カメラが取り付けられているすすきの交番を見つけたときは、おぉ~!!って思うよね、やっぱり。

そのすすきので晩御飯。

ジンギスカンともつなべです。ジンギスカンの肉、分厚かった。おいしかった!

Photo_4

2日目は小樽へ。小樽にもアラオタがたくさんいました。みんな考えることは一緒なのね。

Photo_6

結構都会チックで驚いた。もっとのどかなところだと想像していたので。

とにかく暑かった!北海道って涼しいんだ~って思ってたので。日陰に行けばひんやりするし、たまに涼しい風も吹くんだけど。

小樽といえば運河?と思ってふと運河のほうに目をやるとちょうど行き止まりになっている水路で、すごい汚かった。

いってみたいと思っていた北一硝子にもいけて満足。まぁ、そんなに硝子細工が大好きってわけじゃないんだけど、一度は行ってみたいよね。

そこで硝子でできたかわいいストラップを買いました。前に買っていたストラップが切れてなくなっちゃったので。前のストラップも北海道・富良野で買った。「優しい時間」の中であずちゃんが作っていた銀細工のストラップ、気に入っていて2年近く使っていたんだけど。

その後ランチを食べようと福寿司という店へ。なんか芸能人の写真がいっぱい貼ってあったので。

おすしを頼んだんだけど、苦手なウニが入っていたけど、まぁ食べてみよう!と食べてみて、そのおいしさに驚愕した。

うめっ!

って思った。

こんなにおいしいものだったの、ウニって。

ずっと前に一度食べてあまりの生臭さにもう10年くらい食べていなかったんだけど、こんなにおいしいものだったのならいっそのことうに丼にすればよかった、って思った。

夜ご飯は空港で札幌味噌ラーメンを食べた。

飛行機が20分遅れだったので、食べる時間があったけど定刻どおりだったら空腹のまま機内に入らないといけなかった。

ラーメンは、普通でした。ってまぁ、空港のレストランだからそんな過度の期待はしちゃいけないんだけど。

そんなわけで、ジンギスカン、すし、ラーメンと北海道名物制覇。

秋に富良野に行きたいな~レンタカーつきのプランで。カーナビもないと困るかな?

2008年5月31日 (土)

名古屋食べまくり

嵐くんのコンサートでいざ名古屋っ。

名古屋に着いてすぐに名鉄百貨店内にあるまるやというひつまぶし屋さんでランチ。

1時間半待ち。普段だったら絶対こんなに待たないな。

周りは殆ど嵐コンサートに来た人ばかり。

ひつまぶしおいしい~

のりのお替りができるとのことだったので、お替りしたかったけどその前にひつまぶしがなくなってしまいました。

Hitumabushi1

その後ホテルに荷物を置きにチェックイン。

そしてコメダ珈琲へ。

ここは有名らしい。けど今回まで名前も知りませんでした。

けど歩いていると何個かコメダ珈琲を見かけたので名古屋のスタバみたいなもの?

私は珈琲飲めないのでアイスココア。

Icecocoa

生クリーム多すぎ。生クリーム好きだけど・・・。

友人たちはコーヒーシェイクとサマージュース。

誰も珈琲飲みません。

Juice

容器がかわいい。珍しい。

なにか客がしないといけないのかな、と思ったら普通に蓋開けてストローさして飲むだけだった。

これはシロノワール、というパンケーキ。(多分)おいしかった。

シロップかけ忘れたけど上のクリームだけで十分だった。

Cake

そして夜は手羽先~

名古屋と言えば手羽先なのでね、しっかりやまちゃんという手羽先のお店をチェックしていたもののこのお店もどこにでもあるチェーン店でした。

女子大店という店に行って待ち時間30分。その間またコメダ珈琲で時間をつぶし11時ごろから晩御飯。

Tebasaki 

手羽先屋と言うわりには何でもあって食べたこと無い味噌カツも食べてみた。

私的には・・・・ないな、という味でした。

2日目のお昼は松坂屋の中のあつた蓬莱軒に行くとアラオタが長蛇の列で3時間待ち。

そんなに並んでいたらコンサート始まってしまいます、というわけで1階の天むす屋でランチ。

Photo

小さい6個じゃ足りない!と思っていたけど食べたら満腹だった。

名古屋名物制覇。満足。

2007年8月26日 (日)

黒部ダム

長野旅行2日目、どこ行く?とホテルで地図を見ながら話し、ずっと気になっていた黒部ダムに行くことに。

夫は高校の修学旅行のとき、黒部ダムにきたそう。だけど全然覚えていないんだって。京都で他校の不良くんと喧嘩になって先生にグーで殴られたことしか覚えていないんだって。切ないやね。そんな不良くんと喧嘩する夫も不良くんだったのではないかと思われそうだけど、夫は間違いなく止めに入って一番割に合わない立場に追いやられる人間です。

黒部ダムまでは扇沢駅まで行ってそこからはトロリーバス。結構な時間がかかります。

駅について一番に空の写真を撮りました。

空がすごいなーって思った。

_1_4

バスを降りてダムに行くには220段の階段ルートか130段の階段ルートを選ばないといけない。まさか黒部ダムに来るなんて思ってなかったので私は膝丈のスカートにヒールと言う場違いな格好。220段の階段コースにすれば、展望台に行ける。展望台にはオート写真撮影機械があって、自動でシャッターを切ってくれ、それを専用の台紙に入れてくれるサービス(1200円だけど)がある。でも展望台に行かなくてもダムにも同じ機械があってどっちでも撮れる。(ふぉっとダムというそう)

すごい悩みました。きっと今日撮る写真が夫との結婚式以来の2ショット写真で、きっと今日撮ったらまた5年くらいは一緒に写真は撮らないだろう。そう考えると2つの場所療法で写真を撮って写りのいいほうを現像してもらえば良いのでは・・・という考えから220段コースを選択。

220段って結構長い気がしていたけど5分くらいだった。写真が取れるスポットまでは階段をそれて、また60段くらいの階段を上り下りしないといけない。けどそれくらいでへこたれていられないの!と思いがんばって階段を降り、目当てのふぉっとダムがあるところまで行きました。そしてその機械に近づいた私に100tのショック。

「ただいまメンテナンス中です」の張り紙。

ふざけんなよー。ヒールで何のためこんなきつい階段下りてきたと思ってんだよー。メンテナンス中って分かってたらこの階段下りてこねぇよ!

と悪態つきたくなりましたが、周りには誰もいない。

文句を言う私の隣で夫はすごい笑ってました。「このために降りてきたのにねー残念やったね~」って言う夫はなんかうれしそうでますますムカついた。

そして仕方なくダムの階段に戻り、黒部ダムを眺めました。(ふぉっとダムで撮った写真は別記事にて

_2_3

結局黒部ダムに2時間くらいいて帰宅。

帰りの中央道もすごい混雑で、5時に長野を出て自宅に着いたのは0時過ぎ。疲れたー。

2007年8月25日 (土)

長野旅行

25日早朝から夫と長野へ旅行に行ってきました。

どうしても安曇野に行きたくて、朝7時に家を出たのに中央道に乗るまでに2時間、乗ってから3時間で長野についたのは2時ごろ。

前もって友人に教えてもらっていたおいしい蕎麦屋さん「翁」へ。

カーナビにお店の電話番号を入力し、ナビどおりにいったんだけど途中から道がなくなり、ちょっと迷った。数日前テレビで、ナビどおりに運転していたら目の前は崖で、ぎりぎりで止まったんだけどナビのお姉さんの声で「死ねばよかったのに・・・」という都市伝説?のVTRを見ていたので怖くてしようがなかった。しかも長野に着いたらナビのお姉さんの声がいつもの人と違うし・・・この声いつもの案内の人の声じゃないよーとビビりまくってました。(地域によって違うのかな?)

そんなわけで無事たどり着いた翁。

結構人が並んでいてびっくりした。メインストリートからは離れた場所なのに~。

_1_2

おそばは二人とも鴨せいろを頼みました。

メニューは4品しかないので、せっかくなので二人とも別々の物を頼めばよかった・・・と後悔。

_3

おそば、とーってもおいしかったです。

お店からの眺めは絶景でした。

_2

その後、大王わさび農園へ。

ここには以前私は前の職場の同僚たちと一緒に行ったことがあって、ここで食べたわさびソフトアイスクリームがおいしかったのでまた来ました。

約4年ぶりに食べたわさびソフトクリームは、わさびの味があまりしなくなっていて・・・前食べたときは強烈にわさびの味だったと思うんだけどなんとなくマイルドになったような気がしました。

安曇野は涼しい、という固定観念を打ち砕くほどの暑さにぐったりしたのでホテルへ。地図でホテルまでは30分くらいだろうと読んでいたのにナビに設定すると安曇野から1時間以上かかる。え~っ!と思いながら運転しているとどうしても睡魔が襲ってくる。

もう運転できない!と思い、途中で車を止めて1時間くらい寝ました。なんで私は車を運転しだすと眠くなっちゃうんだろう。

そして到着したシェラリゾート白馬。

Photo

ここは結婚式とかもやってるきれいなホテルでした。チェックインして中庭のベンチでまったりしているととても静かでさっきまでの暑さもうそみたいで東京なんかには戻りたくない・・・って思ってしまった。

そして部屋でのんびりして晩御飯。

部屋に戻って寝るだけ・・・と思うとワインが飲みたくてボトルで頼みました。

けど夫はワインが飲めない。

(写真が小さいのは全部夫が撮ったからです)

前菜・・・おいしい

_1_3

冷たいスープ。にんにくのスープだって。おいしかった。どうやって作ってるのか気になった。

_2_2

お魚。ホタテだったのでお魚食べた~って感じにはならなかったけどとってもおいしかったです。この辺から記憶がなくなってきています。

_3_2   

お肉は鴨。よくあるソースだと思ったんだけどごぼうのソース、らしくてとってもソースがおいしかった。私は鴨大好き!・・・なんだけどここでワイン4杯目に突入していた私。もうホントに記憶がなく、この写真を見て「私これ食べたっけ?」と後で夫に聞くと「半分は食べてたけど残してたよ。」

「ワインがおいしい、と言って2杯目以降、空になったグラスにお店の人が注ぎに来てくれないからって自分で注ぐわってついで飲んでたよ」

「これ以上飲むとやばいけど、今日はいいんだ!と言いながらナミナミと注いでたよ」

らしい。

_4

そして最後のデザート。上に乗っているチョコだけは食べました。

私がデザートを残すなんて多分初めてだと思う。でもこのデザートにはスイカが乗っていて、スイカ嫌いな私はスイカはいやだ・・・と思った記憶がある。

_5

そして飲みきれなかったワインを持って帰る用に栓してもらって大事に持って部屋までどうやって帰ったか、覚えていません。

部屋に戻って気持ち悪くなり*****しました。(食事中の方ごめんなさい)

そしてそのまま化粧も落とさずお風呂にも入らず熟睡。

3度目のゾロ目を迎えた翌日になんでこんなことに。どうして私は学習しないんだろう。お酒に弱く、もうやばいって分かってる量なのに飲んじゃう。

2007年6月30日 (土)

3度目のかやぶきの郷

金曜日に堂々と有休を取り、群馬県の温泉旅館かやぶきの郷 旅籠に行ってきました。

夫は土日休みではなく、私は土日休み。夫は土日に休みを2連休取るのが困難。私は平日に2連休取るのが困難。なので折衷案で金・土で温泉旅行。

ここに泊まるのは3度目。

1度目は2005年10月。夫と二人。

2回目は2006年1月。夫のお父さんの還暦祝いで家族4人で。

そして今回、夫と二人で再び行ってきました。

同じ旅館に何度も泊まるなんてそうない。ですが私はここが本当に気に入っています。最高なの、ロケーションも温泉もご飯もスタッフも部屋も。

070630_101801_1

駐車場に車を止めた正面玄関はこんな感じ。複数の棟からなっているけどすべてかやぶきの屋根です。入り口を入るとそば打ちが出来たりいろんなイベントが行われているみたいだけど一度も参加したことはない・・・。

070630_102127

ここは敷地内にある願いが叶う鐘。2006年1月に来たときに叩いたちょうど1年後に願いが叶ったので今回も叩いておいた。叶うといいなぁ。

070630_101314

チェックインするとここのロビーで待つ。とてもいい感じです。今まで到着したらお茶かコーヒーが出ていたんだけど、最近バーが出来て何とか大会で優勝したバーテンダーさんが常駐しているらしく、カクテルが出てきました。おいしかった。

部屋に行ってしばらくして温泉へ。

温泉もいいんだけどいくらなんでも温泉にカメラ持っていけないので写真は撮れなかった。温泉は内湯と露天と貸切があってとりあえず内湯に。

内湯は天然温泉、ゲルマニウム温浴、薬湯。ちょうど入れ違いで人が出て行き貸切状態。一人では入れるとなんかうれしい。

そして19時くらいから晩御飯。

070629_194357

食事処の天井。ご飯撮れよ、って感じですね。でも風流でしょ?

Dvc00083

これは食事のラストのほうに出てくる鍋。このお鍋が絶品です。

そしてそのあと、一杯無料サービスというカクテルバーに行った。無料のカクテルは好きなの選べるのかと思っていたら指定のもの。ポピーをイメージしたカクテル、おいしかったです。その後追加でカシスの何かをお願いしたらカシスとパインとアプリコットのカクテルが出てきた。今までカシスソーダとカシスオレンジとカシスウーロンしか知らない私。とってもおいしくてまた飲みたい!と思いました。

その後、夫と夜中に露天風呂に行こうと話していたのだけどめったに飲まない夫は食事のときのワインとカクテル2杯で酔っ払って起きない。

仕方なく夜中の二時に一人で露天風呂に行った。なんかちょっと怖かったけど・・・。

ここの露天は滝見の湯といって目の前に滝が流れていることが自慢で夜になるとライトアップされていたんだけど、夜中の2時だったからか、ライトアップされていなかった。なのでどこに滝があるか分からず・・・真っ暗だし。しばらくすると目が慣れてきて滝が見えたけどなんかがっかりしました。もう少し早い時間だったらライトアップされていたのかなぁ?

翌日は水沢うどんを食べに行くつもりだった。毎回行くしおいしいので食べたかったんだけど朝ごはんでご飯を2杯も食べ(食べすぎ!)だっておいしいんだもん。私は朝ごはん食べない派なのに。

全然お腹すいてないのでうどんを食べれる気がしない。このまま帰るのも早いよね~とナビで近くの観光スポット検索していると軽井沢が1時間くらいだったので軽井沢に行ってきました。初めて夫と一緒に軽井沢行きました。有名なジャムやソーセージを購入。

軽井沢で結局2時間近く歩き、帰り道、また足が痛くなってしまった。最近足の痛み和らいできていたのに。

でも楽しかったです。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

嵐関連アンケート

twitter